2011年2月6日日曜日

Debian squeezeリリースとFreeBSD

今日、Debianの最新版、squeeze(6.0)がリリースされた。
DebianといえばカーネルはLinuxだったが、今回からはFreeBSDのカーネルを用いたバージョンである、Debian/kFreeBSDも正式サポートされる模様。
DebianということはAPTで全部楽々管理、FreeBSDカーネルということはZFSやJail、PFなどを利用できるようになるかもしれない!…ということで、個人的にはものすごく期待していた。

まだtestingだった時代(といってもここ1〜2週間)に試したところ、ZFSは利用可能、PFは一部のみ、Jailはまだといった感じだった。ZFSに関しては、Debian-Installer側でZFSをルートとしてシステム構築することも容易にできた。
まだまだ機能が不足している感じがしなくもない…が、まぁそこはとりあえず気にせず使ってみようと思う。


・Debian を入手するには
http://www.debian.org/distrib/


マイコミジャーナルの記事で、「Jailも使用できる」と書いてあるのだが、気のせいだろうか…
それとも、私がなにか見逃しているのだろうか…?

0 件のコメント: